妊婦さん向けのウェブサイトや雑誌の中で、「正中線」「妊娠線」などが取り上げられていることがあります。これは、妊娠中の女性に見られることの多いからです。ですが、正中線は妊娠線とは違い、妊娠中だけに起こる現象ではありません。

そこで、正中線とは何か、男性にもできるのかなどについて、お話したいと思います。

正中線と妊娠線の違いとは?

妊娠した女性が、お腹が大きくなってからできて驚くものに、「正中線」と「妊娠線」があります。まず正中線ですが、妊娠中期以降におへその上下に一本の茶色の線ができるものをいいます。

正確には正中線とは、眉間から股間までをつなぐ、一本の線のことを指すのです。この正中線は、受精卵から胎芽、胎児へと成長を遂げる段階で行った、細胞分裂の名残です。

一方の妊娠線は、妊娠によって体型が変化する過程で、皮下細胞が裂けることでできるものです。そのため、妊娠線ができるときには、正中線ができるときとは違い、かゆみや痛みを伴うことがあります。

正中線は男性にもできるの?

正中線は、身体の中心に残った細胞分裂の名残ですから、男女に関係なくあるものです。そのため、男性にもできることがあります。体重が増減することで、正中線が目立つようになる男性もいるようです。

妊婦さん特有の症状ではないことを、覚えておきましょう。

妊娠して正中線が目立つようになる理由は?

妊娠前の女性は、エストロゲンとプロゲステロンという二つの女性モルモンの分泌により、生理周期を保ち、妊娠に備えています。ですが妊娠すると、子宮収縮を抑制し、胎盤づくりをサポートするために、プロゲステロンの分泌量がアップするようになります。

これは、お腹の赤ちゃんを守るために必要な働きなのですが、プロゲステロンはメラノサイトを活性化させるという作用も併せ持ちます。そのため、メラニン色素を沈着させてしまうのです。

妊娠中期以降に正中線が目立ち始めるのは、その部分にメラニン色素が沈着するからです。そして、男女や年齢を問わず、正中線が見えるひとも少なくありません。

妊娠が理由で目立つようになった正中線は、産後にホルモンバランスが戻ることで、薄くなり目立たなくなるので、心配はいらないのです。

正中線を目立たなくするためにできることは?

妊娠中にできる正中線を予防することは、残念ながらできません。ですが、出産後にできるだけ早く正中線を薄く、目立たなくするために、妊娠中からできることはあります。

それは、正中線ができた部分をしっかり保湿ケアすることです。妊娠線を予防するためには、皮膚や皮下脂肪の伸びをよくするために、クリームやオイルを使います。

ですが、正中線は本来人間が持っているものなので、それを目立たなくするためのケア用品は市販されていません。妊娠線予防専用クリームの中でも保湿効果やビタミンC誘導体が配合されているものを使ったり、あるいは肌のターンオーバーを促す葉酸入りの保湿ローションやクリームを用いるなど、使えるものはいろいろあります。

また、身体に塗布するだけでなく、ビタミンCを意識して摂取することも、肌の新陳代謝を促します。

ビタミンCに加えて、ビタミンAも摂取すると、肌の新陳代謝には効果が高いのですが、妊婦さんがビタミンAを過剰摂取してしまうと、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性が高く、おすすめできません。

葉酸サプリを選ぶ際に、ビタミンAの摂取上限に配慮されているものを選んだり、ビタミンCの含有量が高いものを選ぶのもよいでしょう。ですが、体内に取り入れたビタミンCは、2~3時間で体外に排出されてしまうので、食事のたびに補うことを考えるのがおすすめです。

ビタミンCが豊富な食材を、常に用意するように心がけましょう。