妊娠中期を過ぎて、お腹の真ん中に茶色い線ができていることに気づくお母さんが少なくありません。この線のことを「正中線」といいます。妊婦さんにできることが多い正中線ですが、妊娠しなくてもできるのでしょうか?

正中線って何?妊娠しなくてもある?

正中線は、おへその上下にまっすぐに伸びる、一本線のことをいいます。実は正中線は、男女に関係なくあるもので、普段は線があることが見えないくらい色が薄いです。

人間は受精卵になって命が始まり、お母さんのお腹の中で細胞分裂をくり返して、必要な機能を整えていきます。この細胞分裂の名残が身体に残ったものが正中線で、鼻の下の筋やあごの割れ目も同じです。

子どものころからお腹に正中線ができるひともいれば、体重の増減で目立つようになったり、妊娠して気が付くこともあります。つまり、誰にでもあるけれど、目立つひとと目立たないひとがいるということなのです。

妊娠して正中線が目立つようになる理由は?

では、妊娠前には気づかなかった正中線が、妊娠中期以降に目立つようになるのは、どうしてなのでしょうか。これは、妊娠をきっかけにお母さんのホルモンバランスが変化することと関係しています。

女性は妊娠すると、お腹の赤ちゃんを守るために、子宮筋の収縮を抑制し、胎盤の形成を助けるために、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えます。

このプロゲステロンがメラノサイトを活性化させる働きを持つため、メラニン色素が沈着しやすくなるのです。そのため、正中線が目立つようになります。

妊婦さんにシミや黒ずみができるのも、同じ理由からです。出産してエストロゲンの分泌量が戻れば、自然に薄くなっていくので、それほど心配はいりません。

正中線を薄くすることはできるの?

妊娠中に正中線を薄くすることは、ホルモン分泌の関係上、難しいです。ですが、出産後に早く正中線を目立たなくするために、妊娠中からできるケアがあります。それは、正中線ができた部分に、きちんと保湿ケアをすることです。

妊娠線は皮膚の伸びについていかない肉が裂けるために起こるので、専用のクリームがありますが、正中線はもともとあるものなので、ケア用品は市販されていません。

ですが、保湿効果が高く、新陳代謝を促す葉酸が配合されたローションやクリームなどを使うことで、効果が期待できます。また、美肌効果の高いビタミンCを、毎食摂るのもおすすめです。

ビタミンCは摂取しても2~3時間で体外に排出されるので、食事のたびに補給した方がよいのです。赤ピーマンやパセリ、ブロッコリー、レモン、キウイ、イチゴ、アセロラ、ロースハム、ベーコン、たらこ、焼きのりなどにビタミンCが多く含まれているので、取り入れ見てはいかがでしょうか。

こうした積み重ねが、出産後に正中線がいち早く薄くなることに、一役買ってくれるはずです。

正中線が消える時期には個人差がある

妊娠がきっかけで正中線ができたのなら、出産して身体が回復するとともに、色が薄くなり、目立たなくなっていくのが普通です。ですが、正中線が目立たなくなる時期には個人差があり、早ければ産後3カ月、遅い女性は1年以上かかることもあるようです。

これは、メラニンが沈着しやすい体質かどうかも関係しているので、気長に待つしかありません。妊娠線は一度できると消えることはないと考えた方がよいですが、正中線はそうではないので、それほど気にする必要はないのです。

出産後、日に日に成長していく赤ちゃんのお世話に追われるうちに、気が付くと目立たなくなっています。正中線に一喜一憂するより、目の前の我が子の成長に着目しましょう。