正中線を消す妊娠線クリームおすすめ商品紹介

1位 正中線対策『メイドバイマムクリーム』


seityusenngasa



メイドバイマムクリームは妊娠中にできやすい、
おへその上下に出来る茶色っぽい線(正中線)
に対して使用するクリームで、メラニンを抑制、
理想的なターンオーバーを目指します。

メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸と、
お肌の荒れを防止・鎮静化し、お肌を整える
グリチルリチン酸2Kを配合、2つの薬用成分で黒ずみをケアし、
きれいな肌へとサポートしてくれます。

その他、「ダイズエキス」や「サクラ葉抽出液」などの
4種類の植物成分と、

「ヒアルロン酸ナトリウム」「ローズ水」「グリセリン」

など厳選された8種類の潤い成分で気になる黒ずみをしっかり
保湿・ケアしてくれます。


安心の国内工場で製造で、合成・香料、着色料、鉱物油、
パラベン、アルコールは無添加です。


肌への優しさにもしっかりと配慮されたクリームです。

ninnsinsea




2位 ベルタマザークリーム








妊娠中も安心の無添加クリーム


妊娠中の肌はホルモンバランスの変化の影響もあり、非常にデリケートです。
つわりの症状がある女性はニオイにも敏感になります。


ベルタマザークリームは、

無香料
無着色
石油系界面活性剤無添加
鉱物油無添加
パラベン無添加
シリコン無添加
エタノール無添加
紫外線吸収剤無添加



肌に優しい8種類のこだわりの無添加です

これなら、匂いに敏感な妊婦さんも
ダメージを受けやすい妊婦さんの肌も安心です。


葉酸が含まれている



葉酸は細胞の再生や修復を行う酵素をサポートする働きがあります。

葉酸の含まれたベルタクリームを使う事で細胞の活性化が進んで、
出来てしまった妊娠線のケアもできます。


ほとんどの方は葉酸をサプリで摂取していますが、
ベルタマザークリームに葉酸が含まれているので
サプリ以外にも皮膚からも葉酸を吸収できて、
とても効率的にケアできます。



シラノール誘導体を配合



シラノール誘導体に含まれるケイ素は、肌の内側にあるコラーゲン組織を
再構築してくれる働きがあるので妊娠線予防の効果が高いです。

皮膚のコラーゲンは、肌の潤いを保ち、ハリを与えたり肌の
トラブルから守ってくれたりする役割があります。



コラーゲンは年齢を重ねるごとに減少するものなので、
コラーゲンが減少してしまうと、肌の水分量が減り
シワやたるみの原因になりかねません。

皮膚にとって重要なコラーゲンを修復(ターンオーバー)
してくれるのが「シラノール誘導体」となります。


妊娠線の予防としても効果的ですが、皮膚のダメージを
修復するシラノール誘導体は、すでにできてしまった
妊娠線にも効果が期待できます。


ninnsinsea



3位  ストレッチクリーム -AFC-







女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

➀一度出来てしまった凹凸は消えない。
そう思っている方がほとんどでした。

AFCのストレッチマーククリームは、実績のある最適な成分を配合。

”葉酸”を配合することによりめぐりサポートを実現。
既にあきらめていたママ達からは喜びの声が届いています。


➁冷えに悩む女性は多いですよね。

特に健康に気を使う妊婦さんにとって、冷えは大敵です。

AFCのストレッチマーククリームは”ヘスペリジン”

という成分を配合することにより肌がじんわり暖まるクリーム。

女性の不安と向き合いました。

➂たっぷりクリームを塗ってケアをするため、
大切な洋服を汚してしまう・・・。

AFCのストレッチマーククリームはさらっとしたベタつかない使用感。
ママさんの要望が一番多かった塗りやすいクリームタイプ。

べたつかないから忙しいママが自分のライフスタイルに
合わせていつでもケアすることが出来ます。

朝・晩2回ケアするので、においが気になる
タイプでは体のためだとわかっていても続きません。

AFCのストレッチマーククリームは妊婦さんでも
納得して使っていただける精油アロマ(ビターオレンジ)の香り。
ふわっと優しい中にも少し大人っぽい香りで
毎日癒しケアを行なっていただけます。


ninnsinsea



正中線とは何か?



正中線とは、お腹の真ん中、へその上下に縦に伸びる茶色い線のことです。
一般的には妊娠中だけできるものと思われがちですが、

人は皆、生まれた時から正中線が元々あります。

子供の時から目立つ場合や大人になってから目立つ場合など
実に様々で個人差があります。

正中線は、誰もが産まれながらあるものです。
それが目立つか目立たないかの差です。

では何が差となるかと言うと、ホルモンバランスが大きく関係します。
ホルモンバランスが崩れるとメラニン色素の分泌が多くなり、

その結果、正中線が目立ってくるのです。
正中線は突然出来ることがほとんどです。

いつもなかったはずの線が突然出てきて誰もが最初は驚く事でしょう。
でも、心配する事はありません。正中線は病気とかではありませんので、

何かの害がありませんので心配する必要はありません。

妊娠すると正中線はなぜ目立つ?

妊娠をきっかけにホルモンバランスが変化し、メラニン色素の
分泌が増えることによって正中線は目立ってしまいます。

妊娠してお腹が大きくなってくると急激に皮膚が伸びることで
できる妊娠線と違い、正中線は受精後の細胞分裂の名残といわれています。

正中線に痛みや痒みはなく、触っても妊娠線の様に皮膚はでこぼこしていません。
妊娠すると正中線が出る原因は大きく2つあります。

1つ目は肌が引っ張られるからです。
妊娠してお腹が大きくなると、肌が急激に引っ張られます。

そうすると肌が薄くなるので、いままで隠れていた正中線が浮かび上がってきます。
2つ目は、メラニン色素の分泌によるものです。

妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れるので、
メラニン色素の分泌が活発になります。

その関係上、正中線が茶色く浮かび上がってきます。
妊娠線の様に、傷跡の様な構造ではありませんので産後は、

徐々に消えていきますが、気まぐれなホルモンに左右されてできるだけに、
妊娠中お腹が全体的に痒くなったり乾燥していたという人は少し戻りにくいです。

それでも、妊娠線や肉割れとは違って正中線は消えるので、ご安心下さい。
妊娠中に正中線が出来ても産後には、いつの間にか消えて、

元の肌へと完全に戻っていくものです。
妊娠をきっかけにできた正中線はホルモンの影響によって

一時的に出来る茶色い線に過ぎません。
正中線は、特に手入れする必要もなく、

自然と消えるのを待つでも良いでしょう。

正中線はなぜできる?

正中線は、受精してから何度も細胞分裂を繰り返し、
胎児になっていく途中に出来てしまう接合部ですので、

人間であれば男も女も関係なく誰にでもある線です。
この接合部はヘソの上下だけでなく、鼻の下や顎など、

人間の体の真ん中にできるものです。
誰にでもある線でありながら、普段はあまり目立たない線なので、

表面で見える事はありません。


正中線のスキンケアは?



正中線のスキンケアは妊娠中や産後でも遅くありませんが、
できる限り早目のケアが望ましいです。

早めにケアをしておけば、正中線が薄く消えていくスピードも上がります。
正中線を消す方法は、過剰発生するメラニン色素を減少させることです。

正中線は、新陳代謝を促進してあげる事で消えていきます。
新しい皮膚細胞をどんどん生まれさせることで消えるのです。

新陳代謝を促進させる為には、まず睡眠をしっかりとって、
ストレスを溜めない様にする事が大事です。

睡眠は、1日最低でも7時間以上は取っておきたいです。
夜10時〜夜中の2時までは、睡眠のゴールデンタイムですので

深夜の夜更かしは避けましょう。
他にも新陳代謝を促進させる方法として

妊娠線も防げる保湿クリームが良いでしょう。
お腹の肌がしっかりと潤っていて、柔らかい状態をキープ出来れば、

その分、妊娠線や肉割れも目立たなくなるのが早くなります。
肌の保湿をする意味でも妊娠線クリームが必要なのです。

正中線は、妊娠をきっかけに目立ってきますが自然と消えます。
しかし、ゆくゆく消える事は分かっていても早く消したい人もいるでしょう。

そういう人は、お腹の保湿を強化する事により、
新陳代謝されるので、正中線は薄く消えていきます。

妊娠線クリームを選ぶポイントですが、
葉酸が配合されているものが良いでしょう。

これはなぜかと言いますと、
葉酸には新陳代謝を促してくれる効果が高いからです。

正中線が消える時期には個人差がありますが、おへそ辺りの保湿を
念入りに行っていれば、だんだんと薄くなって完全に消えていくでしょう。

すぐには効果は出ませんが、1~2ヶ月もすると細胞が入れ替わりますから、
それと同時に正中線も薄くなってターンオーバーが繰り返されることで消えていきます。

塗るタイミングは、朝とお風呂上りが良いでしょう。
正中線を早く消したい、確実に消したいと思っている方は、

妊娠線クリームを使ってみて下さい。

妊娠線クリーム予防にいつから塗ると良い?

一度できると完全に消すのは難しいといわれている妊娠線は、
できることなら出さずに妊娠期間を終えたいですよね。

そのためには、妊娠線ができる原因や、自分は妊娠線が
できやすいのかどうか、予防方法なども知っておくことが大切です。

そこで今回は、妊娠線予防のために知っておきたい事柄と、
いつごろからケアを始めるべきかについて、お話したいと思います。

妊娠線ができる原因を知ろう

妊娠線ができるのは、妊婦さん全体の70%程度といわれています。
どうして妊娠線ができるのかを知るためには、
人間の皮膚の成り立ちを理解する必要があります。

皮膚は表皮と真皮、皮下組織の三層で成り立っており、
皮下組織には脂肪細胞が蓄えられています。
妊娠すると子宮が大きくなるだけでなく、母体に脂肪を溜め込みやすくなります。

そのため、皮下組織に含まれている脂肪細胞も急激に大きくなるのですが、
表皮はその伸びるスピードについていけても、真皮や皮下組織の一部は
追い付けず、断裂してしまうのです。

その断裂した部分から毛細選管が見えてしまうことから、赤紫の線が現れるのです。

妊娠線ができやすいお母さんの特徴

妊娠線ができやすいお母さんには、共通する特徴があります。

まず、体重管理がうまくいっていないことです。適度な運動や食事を心がけ、
体重増加が8kg以下のお母さんには、ほとんど妊娠線ができないようですが、
逆に12kg以上体重が増えてしまうと、妊娠線ができやすくなるといわれています。

次に、もともと小柄あるいは痩せているお母さんは、少ない皮膚面積が
引き伸ばされてしまうので、妊娠線ができやすいです。

これは、多胎妊娠にも通じることですね。

肌の弾力が弱いアトピー体質や35歳以上の高齢妊娠のお母さんも、
妊娠線ができやすいといわれています。

自分がこれらの特徴に当てはまっているなら、きちんと予防する習慣をつけましょう。

妊娠線予防に効果的なケア方法とは

妊娠線を予防するために効果的な方法は、大きく分けて二つあります。
まず、急激に体重が増えないようにウエイトコントロールをすることと、
保湿ケアの徹底です。

保湿ケアの方法とは、妊娠線予防専用のクリームやオイル、
ローションを使って、毎日優しくマッサージすることです。
肌に潤いがあってやわらかいと、皮膚が伸びやすくなります。

そのため、妊娠線ができにくくなるのです。
肌に潤いを保つためにも、妊娠線予防のケアを習慣化しましょう。

妊娠5カ月に入ったらクリームを塗り始めよう

妊娠線予防のケア用品には、いろいろな種類がありますが、おすすめはクリームです。
というのも、保湿力の高さでみるとオイル>クリーム>ローションなのですが、
真皮や皮下組織への水分浸透力でみるとローション>クリーム>オイルとなり、
両方を兼ね備えているのがクリームだからです。

安定期に入るとお腹が膨らみ始め、妊娠線が現れやすくなるので、
遅くとも妊娠5カ月に入ったら、妊娠線予防専用クリームを塗り始めることをおすすめします。
もちろん、それより前に塗り始めても問題はありません。

より効果を高めたいなら、身体が温まって血行が良くなっている、
お風呂上りに行うのがベストです。

お腹を中心に、妊娠線が現れやすい場所に、塗り残しがないよう、
マッサージしながら塗っていきましょう。

ただし、臨月に向かうにつれ、どんどんお腹が膨らみますから、
お風呂上りだけでなく、日に何度かクリームを塗ることを習慣にした方がよいです。

また、乾燥肌のお母さんは先にクリームを塗ったうえで、
オイルでマッサージすることで、肌に潤いを保つことができます。

冬場は手のひらにクリームをとって、あらかじめ温めてから塗るようにすると、
お腹が冷えることはありません。ぜひ、試してみてください。

妊娠線を残さない為のケア方法!保湿クリームで消すには?

赤ちゃんを授かるのはうれしいことですが、それによって妊娠線が
できることをよしとするお母さんは少数派といえるでしょう。

すべての妊婦さんの約70%に妊娠線ができるといわれていますから、
できないようにするためには、妊娠中にしっかり予防することが大切です。

そこで今回は、妊娠線を残さないためのケア方法について、お話したいと思います。

妊娠線は真皮が断裂してできる!

表皮・真皮・皮下組織の三層でできている人間の皮膚は、
妊娠によってお腹がふくらんだり、急激に体重が増加してしまうことで、
伸びることを余儀なくされます。

表皮はそうした変化に十分に対応できるのですが、真皮と皮下組織は
そのスピードにおいつけず、断裂することがあります。

この断裂した部分から毛細血管が透けて見え、
赤紫の線状になった部分のことを妊娠線といいます。
妊娠線は出産後に皮膚が縮むにしたがい、赤紫から銀白色に変化していきます。

真皮の断裂を避けるために心がけたいこと

真皮や皮下組織の断絶を防ぐためには、
皮膚に十分な潤いと弾力を与えることが大事です。

そのため、皮膚の保湿ケアを徹底することを心がけてほしいのです。
そして、急激に体重が増えないように、ウエイトコントロールをするのも大事なポイントです。

妊娠線ができなかった約30%のお母さんは、妊娠前からの体重増加が
8kg未満のひとが多かったといわれています。

真皮や皮下組織が十分についていけるスピードで体重が増えるよう、
適度な運動や食事を心がけましょう。

妊娠線を残さないための保湿ケア方法とは

妊娠線を残したくないと考えているなら、保湿ケアにオイルマッサージを
取り入れることをおすすめします。

手のひらにオイルをとり、両手を合わせて、体温でよく温めます。

温まって浸透力を高めたうえで、右手をおへその下あたりにつけ、
そこを中心にお腹全体に円を描くように広げていき、
終わったら左手で同じ手順でマッサージします。

このとき、妊娠線ができやすいわき腹まで、
しっかりオイルを伸ばすようにしてください。

再びオイルを手に取って温めたら、今後は横腹から恥骨に向かい、
くるくると5回ほど円を描くというマッサージを、3回くり返します。
そして、わき腹からおへその下まで両手でオイルを伸ばします。

その際、わき腹からおへその下へ手を滑らせるときには息を吐き、
おへそからわき腹に向かうときには息を吸いながらマッサージすることを、数回行います。

それから、子宮の形を意識しながら、お腹にハートマークを描くイメージで、
おへその下から外まわりになるように円を描き、両手がぶつかったら真下に手を滑らせます。

余ったオイルが、背中や腰まで上下に塗ってください。

オイルマッサージはお風呂上りに行うのが効果的ですが、
その際、タオルでしっかり水分をふき取ってしまうと、効果が半減します。

多少身体に水分を残し、保水力を高めながら、
オイルマッサージをすることを意識してください。

クリームを併用することでより効果が期待できる!

オイルマッサージは、お風呂上りに速やかに行うのが基本です。
ですが、1日1回のオイルマッサージだけでは、
妊娠線ができるのを防ぎきることはできません。

とはいえ、何度も全身のオイルマッサージをするのは難しいので、
洋服を着ているときには妊娠線予防専用のクリームを併用するなど、
1日に何度かケアすることを習慣にしましょう。

妊娠線ができるのは、お腹だけではありませんから、バストやおしり、
太もも、二の腕などのケアも怠れません。

また、乾燥肌のお母さんなら、
クリームを塗った後でオイル保湿することもおすすめです。

クリームを塗るときには、胸の下から腰、おしり、またがみ、
おへそ周りと、気になる部分をまんべんなく伸ばすことを意識しましょう。

妊娠初期から妊娠線予防クリームを塗る?

妊娠して、その経過をホームページや妊婦さん向けの雑誌などで
調べていくと、妊娠線の話題が出てくることが多いはずです。

その理由は、全妊婦さんの約70%に、妊娠線ができるといわれているからです。
そして、妊娠線予防には保湿ケアがよいと併記されていることが多いので、
妊娠初期からケアした方がよいのでは?と考えるお母さんもいそうです。

そこで今回は、妊娠線ができる理由やケア用品、妊娠初期から予防のために
クリームを塗った方がよいのかについても、お話したいと思います。

妊娠線ができてしまう理由

人間の皮膚が、表皮・真皮・皮下組織の三層でできていることを知っていますか?
そして脂肪細胞は、皮下組織の中に含まれています。

妊娠線ができるのは、大きくなるお腹だけではなく、
胸やおしり、太もも、二の腕、わきなどにもみられることがあります。

これは、妊娠すると子宮だけでなく、皮下組織内の脂肪細胞は
急激に大きくなり、そのスピードに真皮がついていけず、断裂することで起こります。

それを避けるためには、表皮だけでなく、真皮や皮下脂肪も十分に
水分を蓄え、柔らかく伸びやすい状態を保っていることが大切なのです。

妊娠線予防で使われるケア用品

妊娠線予防として販売されているケア用品には、
クリームやオイル、ローションがあります。

それぞれに特徴があり、油分が多く保湿効果が高い順番に並べると、
オイル、クリーム、ローションになります。

ですが、水分の浸透率の高さの順に並べれば、
ローション、クリーム、オイルの順になります。

さらに、それぞれで使用感が異なりますので、妊娠線予防を
目的にどれを選ぶかは、お母さん自体の好みと、
使い続けられる価格かどうかがポイントになっているようです。

妊娠線予防でクリームが人気の理由

妊娠線予防を目的にしたケア用品の中でも、クリームの人気が高いのは、
保湿力と水分の浸透力をあわせてもっているからでしょう。

そして、手のひらにとってもこぼれにくく、
伸ばしやすいので、使い勝手がよいようです。

クリームとひとくちにいっても、使用後にサラサラ感を感じるものと、
しっとり潤いが残るものなど、使い心地は様々です。
試供品で試してみて、自分に合ったものを探してみましょう。

妊娠初期から妊娠線予防クリームを塗った方がよい?

妊娠線のケア方法を調べていくと、
妊娠中期から塗るようにと記載されていることが多いです。

これは、妊娠初期には身体が大きく変化していることから、
皮膚が敏感になるお母さんが多く、これまで使ってきた
化粧品が合わなくなることも多いからです。

とはいえ、妊娠線予防のケアを始めてすぐに、
肌が潤ったりやわらかくなるわけではありません。
毎日ケアを続けることで、肌の状態が変化していきます。

そう考えると、妊娠初期からケアを始めた方が、
皮膚の状態をよりよくキープできます。

もし、あなたがもともと小柄だったり、痩せていたり、
乾燥肌だったりするのなら、妊娠初期からケアを始めた方が無難です。

また、経産婦さんや高齢妊婦さんも妊娠線が出やすいといわれています。
心配なら、妊娠初期からケアを始めることをおすすめします。

妊娠線予防クリームを選ぶポイント

では、妊娠初期から使う予防用のクリームを選ぶポイントをまとめておきましょう。

クリームを塗ることで、成分を経費吸収し、それが赤ちゃんに
影響する可能性があるので、妊娠線予防用に開発された
クリームを選ぶことを基本としてください。

そのうえで、保湿効果が高い、葉酸などが含まれていて
美肌効果もあるなど、希望する働きにあったものを選びましょう。

また、使い続けることを考えると、使用感が大切です。伸びがよいか、
べとつかないかを、サンプルを手に取って確かめてください。


妊娠線予防にヴェレダマザーズボディオイルは使える?



妊娠線は、一度できると完全に消すのが難しいといわれています。
そのため、妊娠中からしっかりケアをして、できないように考慮することが大切です。


そこで今回は、妊娠線ができるメカニズムや予防するための方法、
ケア用品の種類のほか、注目度の高いヴェレダマザーズボディオイルについても、
お話したいと思います。


妊娠線ができてしまうメカニズム



人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の三層から成り立っています。




妊娠すると、皮膚組織内の脂肪細胞が急激に大きくなるのですが、
そのスピードについていけるのは表皮だけで、真皮や皮下組織の
一部はついていけず、断裂してしまうことがあります。


そうした真皮や皮下組織の断裂の跡を、妊娠線というのです。
真皮や皮下組織が断裂すると、そこから毛細血管が透けて
見えるようになってしまうため、赤紫色の線が見えるようになるのです。


妊娠線予防を始める時期と方法



妊娠線は、お腹が急激に膨らみ始める妊娠4カ月以降から、
できやすくなるといわれています。


荒れやすくなっていた肌も落ち着いてくる時期なので、
このころから予防ケアを始めるとよいでしょう。
妊娠線を予防する方法としては、保湿ケアをすることが一番です。



妊娠線はお腹だけでなく、太ももやおしり、二の腕にもできることがあるので、
お風呂上りなどにオイルやクリーム、ローションなどを、
マッサージしながら優しく塗るのがおすすめです。


背中や太ももの後ろ側は、お父さんに塗ってもらうとよいでしょう。


妊娠線予防に有効なケア用品



妊娠線予防に使うケア用品には、オイルとクリーム、
ローションなど種類があり、それぞれで特徴が異なります。


保湿力の高さをみると、オイル、クリーム、ローションの順番で効果が高いです。
真皮や皮下組織へ水分を浸透させる高さでみると、
ローション、クリーム、オイルの順になります。




お母さんの肌が乾燥肌なのか普通肌なのか、皮膚が
どの程度敏感になっているのかなどでも、選ぶタイプが異なります。


ケア用品を選ぶときには、試供品などを手に塗ってみるなど、
試してから購入するようにしましょう。


ヴェレダマザーズボディオイルは妊娠線予防におすすめ!



妊娠線予防にオイルを選ぶメリットには、油分が豊富なので
保湿効果が高いこと、オイルマッサージにより皮膚の温度が高くなることで、
真皮や皮下組織も伸びやすくなることがあげられます。


一方で、水分量が少なく保湿力を感じにくい、塗ったときにべたつく、
匂いが気になることをデメリットに感じるお母さんもいるようです。

妊娠線予防のオイルの中で人気が高いといえば、
スイスのオーガニックコスメブランドの「ヴェレダマザーズボディオイル」です。


これは、オイルを使うと感じやすいべたつき感が軽減されており、
よく伸びるので塗りやすいと評判です。


高品質のアーモンドオイルが使われていることから、
保湿効果も十分に期待できます。
お風呂上りだけでなく、一日に何度か塗ることで、妊娠線を予防できます。


妊娠線予防に効果が出る塗り方にもこだわろう!



妊娠線を予防するためには、塗り方も大切です。
まず、手のひらにたっぷりとオイルをとります。


冬場は手のひらでオイルをある程度温めてから、お腹の中心からわき腹へと、
外側に向けて、優しくマッサージしながら塗り広げていきます。


下腹の方に手をあてて、上に向かって撫でるように、
ゆっくりと塗ることを、1~2回くり返してください。


その後、手のひらを使って、時計回りにお腹全体をゆっくり、マッサージします。
乾燥肌のお母さんは、オイルの前にクリームを塗ってから
マッサージをすると、より肌に浸透させることができます。


お腹の赤ちゃんに語りかけながら、リラックスしてマッサージしてみてくださいね。


肉割れクリームでの消し方!マッサージは効果的?


妊娠線と同じように、皮膚の真皮層が裂けることでできる傷のことを「肉割れ」といいます。
肉割れは、そのまま放置しても自然治癒することはありません。


そこで今回は、肉割れができる原因や症状、できてしまった後の治療方法、
クリームは効果的かなどについて、お話ししたいと思います。




肉割れって何が原因でできるの?




肉割れが起こる一番の理由は、急激に太って皮下脂肪が増えるスピードに、
皮膚の真皮層がついていけず、断裂してしまうことです。



無理なダイエットの後にリバウンドすると、肉割れが起こりやすいといわれています。
また、一日中デスクワークで座りっぱなしなど、
運動不足で血流が悪くなることも、肉割れの原因になります。


肉割れはどんな場所に、どんな感じでできるの?


肉割れは、段階的にできます。



まず、皮膚の表面に薄く赤い線が見られ始め、そのまま放置すると、
1本だった線が数本になり、やがてナイフで切り付けられたような跡ができたり、
網目状にみえることもあります。


その後、色は赤から銀白色に変わりますが、
線が太くなったり、凸凹ができることもあります。


肉割れは脂肪がつきやすい場所ならどこでも出現する可能性があり、
胸や太もも、ふくらはぎ、お腹、おしりなどにも見られます。


肉割れができた後の治療方法はあるの?



できた肉割れを治療するには、レーザー治療やマグネテラピー美容法、
エステティックサロンでの施術などがあります。


美容外科で行うレーザー治療は、伸びた皮膚を収縮させることで
症状を改善するために行います。肉割れにレーザーを当てることで、
コラーゲンの再生と皮下脂肪の分解を促進し、肉割れを目立たなくするのです。


マグネテラピー美容法は、美容外科やエステティックサロンで
施術を受けることができます。



美容機器を用いて微弱電流を肉割れができた部分に流し、
肌細胞を刺激することで、自然治癒力を高めます。


エステティックサロンでの施術は、上記のような方法に合わせて、
ビタミンCやコラーゲンなどの器具を使って肌深部に浸透させることで、
より大きな効果を狙います。


ですが、こうした方法を用いる場合、複数回通う必要がありますし、
費用も決して安くはありませんので、事前のリサーチが必要です。


肉割れにはクリームやマッサージは有効?



自宅で手軽にできる肉割れのケア方法としては、
クリームを使ったマッサージが一般的です。


肉割れは、肌の真皮層にできますので、
表皮層よりターンオーバーが緩やかで回復まで時間がかかります。
肌を十分に潤わせ、しっかり保湿することで、肉割れを薄くすることができるのです。


入浴後など、肌がしっとりと潤った状態の時に、
肉割れ専用のボディクリームをテイン取り、まず人肌まで温めます。


そして、肉割れを起こしている部分に、温めたクリームをしっかり塗り込みます。
その上で、右から左、左から右、上から下、下から上と、交互に何度もマッサージします。



それを毎日の習慣にしましょう。


ただし、ムキになって力を入れてマッサージをすると、皮膚に余計な
刺激を与えてしまい、肉割れができる原因になりかねません。
マッサージの際の力加減には、十分に注意しましょう。



肉割れ専用のボディクリームを選ぶ時には、しっかり保湿ができる成分が
含まれているもの、肌の新陳代謝を促進する成分が豊富なもの、
できた傷を治しやすくする成分が含まれているものを、意識して選ぶのがおすすめです。


クリームでマッサージすることで、すぐに肉割れが目立たなくなることはありませんが、
毎日使うことで薄くなっていく人が多いのです。

それと並行して、コラーゲンの元となる食材やビタミンCの摂取を心がけるなど、
食生活も見直すことをおすすめします。

関連記事あります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ